ボランティアの心得

ボランティア初心者の方へ、気がけて頂きたいこと。

ボランティア募集 ボランティアの種類 ボランティアの心得

活動の基本

ボランティア活動はあくまでも「社会的な」責任をもった仕事です。
勝手な振舞いや自己中心的な考え方は、人と人との関係のうえで成り立つボランティア活動では必要ありません。
「相手の立場に立ち、相手の気持ちを尊重する。そして活動には責任を持つ」という心構えが第一に必要です。

長続きする活動であるために

ボランティア活動は、社会の一員である私たちが、他人のために自己の能力と身体と時間を使う活動のことです。
大切なことは、1つの活動を続けたり、1つの活動を終え、また新しい活動へと続いていくことです。
無理をせず、自分の生活にあったペースで行動しましょう。 無理をしないことが長続きの秘訣です。

近親者への理解を得る

ボランティア活動に入る前に、家族など身近な人たちの理解を得ておくことも大切です。
自分の時間だから勝手にやるというのでは、その活動も単なる物好きや趣味でやっていることと受け取られてしまうこともあります。
まずは近親者に理解を得て、負担をかけない程度の活動を心掛けましょう。

自分の健康・体調にも気をつける

無理な活動を続け、体力的・精神的にも自己の負担が増えると、活動の意味がありません。
他のボランティアの方への迷惑にもなりかねます。
出掛ける前には必ず体調の確認を行い、無理な活動は避け、また日頃の体調管理にも気をつけましょう。

服装・必要な用具

活動の内容によっては、動きやすい服装や危険を回避するヘルメット・安全靴などが必要な場合もあります。
服装や事前に用意する物などについて、主催者に確認を取りましょう。

保険の加入をおすすめします

活活動中の事故や損害などを補償するボランティア保険などがあります。
活動前に加入を検討しましょう。



県民ボランティア基金基金
ながさき県民ボランティア活動支援センター
長崎県県民協働課

かんたん団体検索



詳しい検索はこちら

最新情報を定期的に
メールでチェック!

新着情報受け取りサービス 詳しい詳細はこちら